プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

創業から50年以上が経ち、僕で三代目となりました。(二代目はまだ現役)鬼怒川から国学院栃木高等学校を卒業後和食の世界に入り修行しました。【いい会社】をつくるためにただ今、自己研鑚に奮闘中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

わが子から学ぶ事

「もし自信をなくしてくじけそうになったら、いい事だけいい事だけ思い出せ。そうさ空と海を越えて、風のように走れ。夢と愛をつれて地球をひと飛び。」

うちのひかり君が何気なく見ているアンパンマンのエンディングの歌だが、

ちょっと落ち込んでるときにふっと耳に飛びこんできた歌詞になんとなく目頭が熱くなってしましました。

こどもはこういうポジティブな言葉を聴きながら楽しく踊っています。

がんばらなきゃなーって思いました。

2009年11月18日 (水)

今日も毎週恒例のゴミ拾い

毎週水曜日は朝礼の時間を活用して地域のゴミ拾いをしています。

今週は以前から気になっていた、隣の土地のゴミなのですが。

他人の土地なのでなかなか手を出せずにいたのですが、地主さんを交渉してゴミを拾うことOKしてもらいました。

店を出ると正面がその土地なので非常に景観が悪いのです。

はんぱじゃないゴミの山。

まずは論より証拠。

証拠の写真を見てもらいましょう。


すごくないですか?




うちのスタッフはいつも一生懸命です。



ほーらこんなにキラリンきれいnotes


大量のゴミの山。うちのスタッフと比べるとゴミの凄まじさが分かりますね。

地域を綺麗にするには一人一人の心がけが大切です。

いい人間をつくりましょう

2009年11月13日 (金)

ホールインワン

12日にとうとうやってしまいました。

ホールインワン。

鹿沼プレミアムゴルフ倶楽部、13番ホール、164ヤード。

7番アイアンで打ったボールは綺麗なドローの弧を描きグリーンにワンバウンドしてからダイレクトにカップイン。

ボールの弾道と紅葉のコラボが未だ鮮明に甦ります。

メンバーの歓喜の声とカップインの音がドラマチックに聞こえました。

普通はうれしいのでしょうけど、僕は保険に入っていません。

『喜び』『戸惑い』『焦り』『不安』『達成感』色々な感情が入り混じって軽いパニック状態になってしまいました。

しかし本人よりもメンバーの方が驚いていました。

一日たってみないと感情が収まりませんね。

ただ交通事故みたく突然やってくるので保険には入っておきましょう(涙)

ボールはキャロウェイ。

ティーグラウンドから歩いていきカップを見るまではやはりどきどきしました。

こういうスコアはもう見れないかもしれません。

『1』って何?って感じです。

2009年11月 8日 (日)

立派なクエが届きました

玄海灘から空輸でとどくのですが・・・

すごい時代になりましたね。朝とれた魚が当日のお昼についてしまうのです

世間はスピードを求めています。

バブル時はドックイヤーと言われていましたが、今はマウスイヤーになってきてますね。

そのうちセミイヤーなんて呼ばれたりして(笑)


上から見たクエ。

骨がものすごく硬く、皮目がぬるぬるしているのでおろすには技術が必要です。


正面からみたクエ。

刺身で食べると身がもちもちしていてしこしこしていてそして品のある味があってとってもおいしいです。(AD堀君)

鍋は一人前2800円で提供しています。

鍋にするとまた違う表情を見せてくれるのでにくいやつです。

天然ものは非常に貴重でなかなか手に入りません。

値段もいいですが、味もいいです。

死ぬまでには食べたほうがいい食材ですね。

2009年11月 7日 (土)

よっしゃー

今日は超忙しい。

マジでうれしくてワクワクしています。

よく忙しくて不満を言ってる人をみかけますが、そういう人は大概暇なときに他人や環境のせいにしていますね。

百年に一度の大チャンスを楽しまないと損ですね。

そして幸せに生きよう今日も喜んで。

2009年11月 3日 (火)

初冬の宴が始まりました

始まりました~。初冬の宴。

華月では年に数回高級食材を使った季節料理を提供しています。

金額は一万円と決めているので分かりやすいと思います。

宇都宮の食文化の向上という理念を基に行っているのですが、デフレ安売りのこの時代には川を逆流するかのような発想ですね。

しかしながら日本の古き良きものを残していくためには必要なことだし、我々スタッフたちの刺激にもなるのです。

宇都宮の食べ物の客単価が夜で3,000円を下回っているそうです。

今B級グルメがブームになっています。

居酒屋、ホルモン、ラーメン、餃子、お好み焼き、などの人気が非常に強いですね。

ぼくもB級グルメ大好きだし、なくなったら困ります。

世の中バランスです。我々みたいな店も必要ではないのでしょうか?

やはり次の世代へ良いものを残していく事も考えていかないと先代達が築いてきた伝統というものを終焉へと導いてしまいます。

高いものが安くなるというのはいいことかもしれませんが、安売り合戦というのは日本製の高品質(全ての業種において)というものが保てなくなり、雇用者の収入というところまでダメージがくるのではないのでしょうか?

そんなことを思いながら世の中に社会貢献できればいいなと感じています。

そして肝心な献立はこちらです。

小鉢  蒸し牡蠣と白子の吹寄せ盛り

珍味  自家製 クジラベーコンとカラスミ

刺身  とらふぐ刺し

焼物  鮑の巴焼きと焼きたらば蟹

凌ぎ  握り寿司 本鮪、クエ、松茸

温物  天然クエ鍋 割りポン酢

揚物  とらふぐの唐揚げ

食事  クエ鍋の雑炊

水菓子 寒天チーズプリンと季節のフルーツ

是非ともお待ちしております。

鮨と四季を味わう 奴寿司 華月 のサービス一覧

鮨と四季を味わう 奴寿司 華月