プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

創業から50年以上が経ち、僕で三代目となりました。(二代目はまだ現役)鬼怒川から国学院栃木高等学校を卒業後和食の世界に入り修行しました。【いい会社】をつくるためにただ今、自己研鑚に奮闘中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

絶好調のスタートダッシュ

わが社は11月から41期がスタートしました。

当店は11月が前年比107%アップ、12月も現時点(26日)で104パーセントのアップです。

不景気不景気と世間は騒いでいますがうそのような数字が出ています。

絶好調のスタートダッシュです。

しかも今日はオープン以来の単日の売上最高記録を樹立!

おせちも当初の限定数もすぐにいっぱいになり追加増してそれもすぐにいっぱいになってしまいました。

しかもそのあとも問い合わせが殺到してお断りの状況がつづいています。

前期が不振の年だっただけに毎日の仕事がたのしいです。

スタッフのモチベーションもあがってきています。

よっしゃー矢島金太郎ばりに正月まで乗り切っていくぜー!!!

2009年12月21日 (月)

人生の価値。

今年の漢字は『新』でした。

スポーツ界ではボルトの新記録やイチローの新記録、石川遼の最年少記録などもありました。

人生の中でこれらのような記録を残せたらと誰もが思うでしょう。

売上の新記録、顧客件数の新記録など業種によって様々な記録、数字があると思います。

このような記録を作れれば自分の人生に華を添えられることでしょう。

果たしてそれが人生の価値になるかというと疑問を感じます。

本当の人生の価値とは『数字』を残す事ではなくて『人』を残すことかなーっておもいます。

いくら新記録保持者でも自分のお葬式に一人も来なかったらその人の人生ってなんだったのかなーっておもいます。

数字は大切ですが数字を作れる人間になったら、人をつくれる人格にならなければなりませんね。

記録よりも記憶に残る人間になりたいと思っている今日この頃です。

2009年12月13日 (日)

今日の出来事

暖冬のせいか今になってから当店の紅葉が紅葉し始めました。

今四季がメチャクチャになってます。秋刀魚なんかは夏ごろ旬を迎えましたね。普通は紅葉と秋刀魚って一緒の時期じゃないですか?

温暖化は環境問題になって民主党さんもがんばっていますが、実は人類ではどうしようもないという可能性も秘めてきたようです。

それは2012年問題です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、超高度な天文学を誇っていたマヤ暦が2012年12月22日までしかないのです。

マヤ暦は今我々が使用している西暦よりも星の動きからズレが少なく、うるう年とかなくてもピタピタ夏至や冬至などの日にあたります。

我々の一年間は12ヶ月ですがマヤは13ヶ月の1ヵ月28日という周期のようです。

女性のアレの日は基本的に28日周期なんですって。

そのマヤの暦が2012年12月22日に終わっているのです。

太陽がその時から生まれかわるという説ですが、今我々がいる太陽系の銀河団はフォトンベルトという高エネルギー地帯に突入するらしい。

今も入り始めていますが、2012年12月に完全に突入するのです。

太陽系の銀河団は1億2千年かけて一周するのですがフォトンベルトはその軌道にクロスしているので6千年に一回フォトンベルトに突入する計算になります。

フォトンに突入して抜けるまでには2千年かかるため我々が生きているうちには出られることが出来ません。

詳しい専門誌など見ると恐竜の絶滅や人類の誕生などの地球の大きな変化はフォトンベルトにいるときに起こっているそうな・・・。

太陽のエネルギーが上がり続けているや巨大な氷山がインドネシアの方にあったなどと最近そんなニュースも流れていますが、フォトンベルトになにか関係あるのかも知れませんね。

もしそうだとしたら我々がなにをしても無駄でしょう。

今インターネットで2012年やフォトンベルトなどの記事がたくさんあるので興味のある方は検索してみてください。

僕の話は本当に少しのさわりのさわりの部分なので詳しく調べてみると面白いですよ。

なんかノストラダムスの時よりも現実味がありすぎて怖いですよね。

紅葉の話からこんな話になってしましましたが、最後まで読んでくれた方には感謝いたします。

そして信じるか信じないかはあなた次第です・・・・・・・・・・。

2009年12月11日 (金)

大人の社交場、飲食店の醍醐味。

うちの店は宇都宮ではそこそこお客様の層がよく、会社の社長さんクラスや社会で名を馳せてる方がとても多く来店してくれます。

そして僕みたいな若造が普段は絶対話すことのできない方たちの話はどんな講演会よりもライブ感、リアル感がありカウンターの中は特等席です。

うちのカウンターではよく人と人が出会ったり、知り合いになったりしてビジネスにつなげている方たちがよくいます。

名詞交換などが頻繁に行われるたびにこの店をやってよかったなーって感じますし、店の雰囲気がすごく良くなるんですよ。

おいしいと言われるのはもちろんうれしいが、人の出会いを提供出来る店づくりも飲食店の醍醐味かもしれませんね。

2009年12月 7日 (月)

岡山県寄島の牡蠣

とうとう着きました。

岡山の寄島の牡蠣です。

知人にもらったのをきっかけに店でも販売するようになりました。

生食用の処理をしていないので、加熱ようなのですが。

酒蒸しや焼き牡蠣にすると超メチャクチャ旨いっす。

程よい塩気があるのでレモンのみがいいですね。

5個で1000円とお得です。

是非お召し上がりください。牡蠣に対する考え方がかわります。

水槽から出番を待ち受けています。


小ぶりだが身がパンパンに詰まっています。

冬の間は入れておく予定なのでどうぞご来店くださいませ。

2009年12月 1日 (火)

クリスマスツリー

先日家に帰ると玄関にクリスマスツリーが飾られていた。

今年新築したばかりの家の玄関は広いのでツリーが置けます。

うちの奥さんは季節ごとに家の飾りをかえてくれるので、我が家には四季があります。

今はこのような女性が減っているのではないのでしょうか?

接遇、しつけ、心配り。

日本の大和撫子はココがすぐれていなければならない。

うちの奥さんは貴重な存在です。

いつも思っているのですが、僕には出来すぎた嫁です。

のろけではなくて本当に素晴らしい。

今の嫁と結婚したことで人生90%は成功したと思っています。

このようなことをたまに本人に話すのですが、向こうも僕にたいしてそう思っているみたいですね。

うれしいことです。相手は鏡の法則です。

ツリーの横にはグランドピアノがおいてあります。その上においてある帽子はホールインワンの時にかぶっていたものです。

鮨と四季を味わう 奴寿司 華月 のサービス一覧

鮨と四季を味わう 奴寿司 華月